イザナミの自動化

システムトレードソフトのイザナミを使用して
自動化する方法を紹介します。
*自動化が誤動作しても自己責任でお願いします。

日経平均の前日比がプラスの場合だけ自動発注する方法 (30秒遅れの簡易版)

この方法は、日経平均株価の取得に30秒の遅れが発生します。
1秒でも早く発注したい方は、下にあるリアルタイム版をご使用下さい。

必要なソフト
日経225前日比判断Excelマクロ(このサイトからダウンロード可能)
ワンクリック一括発注支援ツール(条件付きで無料)

発注の流れ
Windowsのタスクで、日経225前日比判断Excelマクロを設定しておきます。(初回時のみ)

事前にワンクリック一括発注支援ツールで「仕掛け」ボタンを押し、
発注直前の画面で、「OK(はい)」ボタンは押さずに止めておきます。

朝9時30秒になったら、日経225前日比判断Excelマクロが
日経平均の前日比を判別し、自動的にワンクリック一括発注支援ツールの「OK(はい)」ボタンを押します。

●日経225前日比判断Excelマクロの準備 (初回時のみ)
①日経225前日比判断Excelマクロをこちらからダウンロードして下さい。
    このマクロは、「http://nikkei225jp.com/chart/」の前日比を取得している為、
    もしこのWEBサイトに変更があった場合は、使用できなくなりますのでご注意下さい。
    また、マクロの実行ログは、C:\に「log_時分秒.txt」で保存されます。
②Excelのマクロセキュリティレベルを低に設定します。
③Windowsのタスク設定で、日経225前日比判断Excelマクロが自動的に実行されるように設定します。
   ○開始時間は前日の日経平均株価が必要になりますので、8時59分30秒に設定して下さい。
   ○20秒間隔で当日の日経平均株価を見に行き、株価が更新されたら前日比を見て注文するか判断します。
      なお、9時5分になっても株価が更新されない場合は終了されます。
   ○前日比で注文するか判断しますので、マクロを編集すれば前日比-0.2%以上で
      注文するなど改造が可能です。

プログラム/スクリプト(P) "D:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\EXCEL.EXE"
(Excelがインストールされている場所)

引数の追加(オプション)(A) D:\N225前日比判断.xls
(日経225前日比判断Excelマクロの場所)

開始(オプション)(T) D:\
(日経225前日比判断Excelマクロが置かれているフォルダ)





●ワンクリック一括発注支援ツールの準備
①ワンクリック一括発注支援ツールをこちらからダウンロードしインストールして下さい。
    ただし、ダウンロードするにはストラテジーの購入が必要になります。
②イザナミの仕掛けルールにある、日経平均が前日比プラスの条件を削除し、
    検証と最適分散投資を実行して、強制的に最終日シグナルを表示させます。
③最終日シグナルをワンクリック一括発注支援ツールに貼り付けて、
    いつでも発注できるように準備しておきます。

●実際の設置

①ワンクリック一括発注支援ツールで「仕掛け」ボタンを押し、
    発注直前の画面で、「OK(はい)」ボタンは押さずに止めておきます。
    また、このウィンドウがアクティブになるように、マウスで一回クリックしておいて下さい。
②9時15秒になると、日経225前日比判断Excelマクロが実行されます。
    日経平均の前日比がプラスの場合は、
    ワンクリック一括発注支援ツールの「OK(はい)」ボタン(Enter)が押されます。
    マイナスの場合は、「キャンセル(いいえ)」ボタン(Tab+Enter)が押されます。


日経平均の前日比がプラスの場合だけ自動発注する方法 (リアルタイム版)
*数円単位の誤差が発生しますが、ご了承下さい。

必要なソフト
W-CHART(フリーソフト)
MarketSpeed(楽天証券の口座が必要)
RocketMouse Pro(シェアウェア4,968円)
ワンクリック一括発注支援ツール(条件付きで無料)

発注の流れ
MarketSpeedとW-CHARTを起動しておき、
日経平均をリアルタイムに取得できるようにしておきます。

事前にワンクリック一括発注支援ツールで「仕掛け」ボタンを押し、
発注直前の画面で、「OK(はい)」ボタンは押さずに止めておきます。

RocketMouse Proのマクロ機能で下記処理を自動実行させます。
朝9時になったら、日経平均の前日比を取得しプラスの場合に
ワンクリック一括発注支援ツールの「OK(はい)」ボタンを押させます。
処理が終わったらパソコンをシャットダウンさせます。

●日経平均をリアルタイムに取得する準備
①W-CHARTをこちらからダウンロードしインストールして下さい。
②W-CHARTの最新銘柄データが必要になりますので、こちら(2015/11/12時点データ)から
    ダウンロードして、W-CHARTフォルダにある「225list.txt」に上書きして下さい。
    また、今後日経225銘柄、みなし額、日経平均除数が変更された場合は、「225list.txt」を修正する必要があります。
③MarketSpeedをこちらからダウンロードして、インストールして下さい。
④MarketSpeedを起動してログインをします。
⑤RealtimeSpreadSheetを起動します。
⑥W-CHARTを起動し、自動接続で日経平均が表示される事を確認して下さい。
    画面右上にある、前日比(例では+87.53)が今回使用する前日比データになります。


●自動化する準備
①ワンクリック一括発注支援ツールをこちらからダウンロードしインストールして下さい。
    ただし、ダウンロードするにはストラテジーの購入が必要になります。
②イザナミの仕掛けルールにある、日経平均が前日比プラスの条件を削除し、
    検証と最適分散投資を実行して、強制的に最終日シグナルを表示させます。
③最終日シグナルをワンクリック一括発注支援ツールに貼り付けて、
    いつでも発注できるように準備しておきます。
④RocketMouse Proをこちらからダウンロードしインストールして下さい。
⑤RocketMouse Proで使用するマクロファイルをこちらからダウンロードして下さい。
⑥RocketMouse Proでダウンロードしたマクロファイルを開きます。


⑦「画認識」の設定は各パソコンで設定する必要がありますので、
    ワンクリック一括発注支援ツールの取引暗証番号画像が一致した場合、
    「OK(はい)」ボタンを押す設定をして下さい。


●RocketMouse Proで前日比を取得するテスト
①MarketSpeedの起動後にログインをして、RealtimeSpreadSheet起動させます。
    RocketMouse Proでマクロファイルを開き、薄いグレーでコメントアウトされている場所のコメントアウトを外し、
    最後の「終了(シャットダウン)」をコメントアウトします。


②再生ボタンを押して、前日比のウィンドウが正常に表示されるか確認して下さい。


●実際の設置

①MarketSpeedの起動後にログインをして、RealtimeSpreadSheet起動させます。
  *ログイン後に5時間ぐらい経過するとタイムアウトしてしまう為、朝出かける前にログインだけして下さい。
②W-CHARTを起動させます。画面を最小化しても問題ありません。
③RocketMouse Proでマクロファイルを開きます。再生タイマーは9時に設定してあります。
④ワンクリック一括発注支援ツールで「仕掛け」ボタンを押し、
    発注直前の画面で、「OK(はい)」ボタンは押さずに止めておきます。
⑤9時になると、自動的にRocketMouse Proの自動化マクロが実行されます。
    (日経平均の始値を安定的に取得する為、9時0分5秒に日経平均を取得します)
⑥発注or未発注をしてから、60秒後にパソコンがシャットダウンされます。